2012/10/21

【レビュー】タカラトミー トランスフォーマーユナイテッドEx-03 ロードマスター プライムモード

01-TFユナイテッドEX-03 ロードマスター プライムモード
TFU_roadmaster(1)
 今回はトランスフォーマーユナイテッドEXより、ロードマスター プライムモードを紹介します。このシリーズは、海外では「パワーコアコンバイナーズ」という名前で販売されており、日本では2012年10月に登場しました。中心となるトランスフォーマーは3つの変形形態を持ち、4体のドローンを引き連れて巨大ロボットへと変形する事もできます。
 さて、まずはロードマスターのビークルモードを見てみましょう。大きなタイヤが特徴のオフロードカーですね。

TFU_roadmaster(2)
 後ろから。車のウィンドウは塗装で再現。スプリングまで造型してるのは芸が細かい……。

TFU_roadmaster(3)
 真横から。転がし走行は毎度のことながら可能です。あと、よく見ると薄くディセプティコンマークがありますね。

TFU_roadmaster(4)
 ボンネット部分のディテールはこんな感じ。ロボットモード時の顔がちょっと見えちゃってますw

TFU_roadmaster(5)
 ルーフ部分には共通ジョイントの突起があり、マイクロンなどの武器を装着できます。

TFU_roadmaster(6)
 続いてロードマスターのロボットモードを紹介。まずは全体像を前から撮影。腕が長く足が短めという、ちょっとずんぐりむっくりした感じの体型に。

TFU_roadmaster(7)
 斜め前から。肩アーマー、手のタイヤ配置がとてもユニークです。

TFU_roadmaster(8)
 斜め後ろから。

TFU_roadmaster(9)
 お顔をアップで撮影。ビークル時ボンネットにあったライトをそのまま引張あげただけですので、頭部にそのままライトが付いています。顔立ちは何だかおじさんっぽいですね。
 また、お顔は左右に振り向かせる事ができます。

TFU_roadmaster(10)
 各部分の可動を簡単に紹介。肩、肘にボールジョイント、上腕のロール軸可動でなかなか広い可動範囲となっています。肩アーマー自体が二重ヒンジにより上下に動かせるのもポイントです。

TFU_roadmaster(11)
 股関節は2つのヒンジで可動し、ボールジョイントとほとんど同じように遊べます。太もものロール軸可動あり、また膝は90度以上曲がり、膝立ちポーズも簡単に出来ます。

TFU_roadmaster(12)
 手には共通ジョイント穴があり、武器を持たせる事ができます。ただし、ロードマスターのセットに武器は付属しません。毎回思うのですが、残念でなりません。

TFU_roadmaster(13)
 ロードマスターは4体のドローンと合体することで、プライムモードとなります。その際の変形は写真の通りで、水色の部分に各ドローンが合体します。

TFU_roadmaster(14)

TFU_roadmaster(15)
 付属の4体のドローンを紹介。写真左側がスクラッパードローンで、右側がウェイスタードローンとなります。これらのドローンはロボット形態を持たず、合体時にはバネの力で自動的に腕に変形します。それぞれのドローンには共通ジョイントの突起がありますので、こちらにも武器をマウントできます。

TFU_roadmaster(16)

TFU_roadmaster(17)
 トラッシャードローン(左側)とジャンカードローン(右側)は、合体時にそれぞれの脚に変形します。ジャンカードローンはちょっと手動で動かさないと変形しません。

TFU_roadmaster(18)
 ドローンたちと合体し、ロードマスター プライムモードが完成! 全体像を前から見てみましょう。渋いカラーリングで高級感がありますね。いや実際に値段高いですし……。

TFU_roadmaster(19)
 後ろから。コンバットマスターは背中に2つの砲塔があったのですが、こっちは何も無し。ちょっと寂しいですね。

TFU_roadmaster(20)
 プライムモードのお顔をアップ。ゴリラっぽい顔立ち、左右に伸びるパーツが特徴です。集光ギミックはありません。

TFU_roadmaster(21)
 スクラッパードローンは鋭利なクローに変形。とてもかっこいい!

TFU_roadmaster(22)
 ウェイスタードローンは機関銃に。 銃身の途中で折り曲げられるようになってますので、手のように使うこともできるでしょう。

TFU_roadmaster(23)
 脚部のドローンたちの変形をアップ。上半身のボリュームに比べると地味ですね……。

TFU_roadmaster(24)
 プライムモード時の可動を簡単に紹介。肩部分には二重ヒンジ、水色ジョイントのロール軸可動があります。また、肩から腕全体を背中に持っていくような可動があり、写真のようなポーズもとれて自由度が高いです。

TFU_roadmaster(25)
 股関節はロボットモード時と同様で、膝は90度ほど曲がります。水色ジョイントのロール軸可動も健在です。

TFU_roadmaster(26)
 一通り説明が終わりましたので、最後に遊んでみたものをいくつかあげてみます。

TFU_roadmaster(27)

TFU_roadmaster(28)
 ロボットモードですが、ドローンを武器として使ってみました。

TFU_roadmaster(29)

TFU_roadmaster(30)

TFU_roadmaster(31)

TFU_roadmaster(32)

TFU_roadmaster(33)
 実写映画のデバスター風に四脚歩行ロボにしてみました。なかなか似合ってる?

TFU_roadmaster(34)

 以上、「タカラトミー トランスフォーマーユナイテッドEx-03 ロードマスター プライムモード」のレビューでした。
 ユナイテッドEX第2弾より、ロードマスターを紹介しました。ロボットモードだとイマイチ冴えないロードマスターですが、プライムモードがとてもカッコイイ! 個人的には頭部の造型、タイヤの処理、また両腕のドローンの変形がとても気に入りました。可動については先に紹介したコンバットマスターと比べるとかなり優秀で、合体ロボのくせしてよく動きます。単体でも十分ですが、他のセットのドローンと組み合わせて遊ぶとさらに楽しめるでしょう。
 ちょっと気になるのが、ビークルモードの変形がいまいち上手くはまらない点です。なんかしっかりと変形できないで隙間が空いてしまいます。個体差なんでしょうかね……。






return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔