2012/10/29

【レビュー】トランスフォーマー マスターピース MP-12 ランボル

01-トランスフォーマー マスターピースMP-12 ランボル
TF_MP_Lambor(1)

TF_MP_Lambor(2)
 今回は、高い再現度とクオリティで有名なトランスフォーマーのマスターピースシリーズより、サイバトロン戦士ランボルを紹介します。ビークルモードはスーパーカーとして有名なカウンタックからトランスフォームします。彼の名前は、その製造メーカーのランボルギーニから由来しているようです。

TF_MP_Lambor(3)
 横から。赤のボディカラー、低い車高など、見事に仕上がっています。ロボットに変形するとは思えないくらいよくまとまってます。ちなみに、転がし走行も可能です。

TF_MP_Lambor(4)
 ボンネット部分はサイバトロンマーク、かなり小さいですがランボルギーニのロゴも再現されています。ヘッドライトはクリアーパーツ仕様に。

TF_MP_Lambor(5)
 リア部分はウィング、テールランプ、排気パイプなど。アルファベットでランボルギーニ カウンタックと文字が入ってるのも芸が細かい。

TF_MP_Lambor(6)
 ルーフ部分に付属の武器をマウント可能。これは二つの武器が合体したもので、ロボットモード時には分割して使います。

TF_MP_Lambor(8)
 続いてランボルのロボットモードを紹介。全体像を前後から撮影してみました。

TF_MP_Lambor(9)
 斜め前から。再現度が高く劇中のランボルそっくり。また変形の際に生じる無駄なパーツが一切なく、すっきりしたプロポーションが窺えます。

TF_MP_Lambor(10)

TF_MP_Lambor(11)
 お顔をアップで撮影。こちらも高い再現度、塗装も乱れなく綺麗です。唇まで造型してるのは何とも初代っぽいw 目が光って見える集光ギミックが搭載されておらず、さらにヘルメットを深くかぶったような造型ですので、顔に影が出来やすくちょっと撮影が難しかった;

TF_MP_Lambor(12)
 各部分のディテールを見てみましょう。まずは胸部あたりをアップ。胸に車のボンネットが来て見事な逆三角形ボディに。頭部周りの機械的な造型にも注目です。

TF_MP_Lambor(14)
 脚部のディテールはこんな感じ。この部分は立方体を展開状態からパタパタ組み立てていくようなイメージで変します。そのため余りパーツも無く綺麗ですね。足首部分に車のリアパーツが来ており、隙間を隠しています。

TF_MP_Lambor(15)
 ここからは可動について簡単に説明します。肘はちょうど90度曲がり、前腕がロール軸方向に回転します。肩部分には2方向のヒンジが仕込まれており、ボールジョイントに近い可動範囲となっています。

TF_MP_Lambor(16)
 手首は回転可能、指は親指以外がまとまって動く感じです。この可動は武器を握らせるのに使います。

TF_MP_Lambor(17)
 股関節は2つのヒンジにより可動し、膝は90度まで曲がります。股間節のアーマーはヒンジにより前後に動くようになっており可動の邪魔になりません。足部分はつま先と踵が分かれているため、自立させるのに役立ちます。

TF_MP_Lambor(18)
 付属のアイテムを紹介。ランボル愛用の武器「フレアーガン」は綺麗な銀塗装。どちらの手にも持たせられます。手に固定するためのジョイントもあるのですが、握りが甘くなってしまい、どうもポロリ気味です。個人的にはジョイントを無視してしっかり握らせるのが好きです。

TF_MP_Lambor(13)
 「ミサイルランチャー」は肩に装着します(どちら側でも可能)。角度も調節できます。左肩に付けた方が肉抜き穴が内側に隠れて良い感じかな、と思いました。

TF_MP_Lambor(19)
 打撃武器(?)「パイルドライバー」は両腕分付属。手を収納してこれを装着します。裏側に肉抜きがあるため、ポーズによって向きを変える必要があるかも。
 劇中ではサイバトロン軍が地中の岩盤を掘り進む際に使用していました。これで敵を攻撃してないので、武器と言えるのかどうかは微妙なところですね……。

TF_MP_Lambor(20)
 Amazon限定特典の「パイルドライバー 19話Ver.」は銀メッキ仕様。先ほど紹介したパイルドライバーより鋭利になっています。こちらも肉抜き穴が裏側にあります。
 ちなみに劇中では、ガレキに埋もれたバンブルと人間の友人スパイクを救出するために使用。思いっきりパンチするのではなく、パイルドライバーを振動させてガレキを吹き飛ばしているようでした。やっぱり武器として利用してない……。

TF_MP_Lambor(21)
 付属のカード。ランボルの全体像、地位、座右の銘、プロフィール、ステータスが記述されています。勇敢で無鉄砲な性格なのに火力が3なんて……w なんかイメージと合わないですね。

TF_MP_Lambor(7)
 一通り紹介が終わったところで、最後はいろいろ遊んでみました。

TF_MP_Lambor(22)

TF_MP_Lambor(23)

TF_MP_Lambor(25)

TF_MP_Lambor(26)

TF_MP_Lambor(27)

TF_MP_Lambor(28)

TF_MP_Lambor(29)

TF_MP_Lambor(30)

 以上、「01-トランスフォーマー マスターピースMP-12 ランボル」のレビューでした。
 サイバトロン軍はコンボイ、グリムロックと続いてランボルの登場。MPコンボイとスケールを合わせているため、MPとしてはちょっとサイズが小さめ(と言ってもボイジャークラス程度)で、その分値段も安くなっています。なんでランボルという選択がされたのかというと……、もしかしたら他に同型が多いからかもしれません。既に同型のアラートが発売決定していますし。サンストリーカーもその内登場してくれると嬉しいです。
 さて、今回紹介したランボルについて。カウンタックのスリムな車体を保ちながら、ロボットモードでは無駄なパーツなどが無く、まさにマスターピースと呼べる出来です! 変形の仕方が他のシリーズより凝っていて面白い。また、可動範囲が広めで遊びやすく、専用武器のパイルドライバーまでも付属。コアなファンにはたまらない仕様となっています。TFを初めて購入する人でも、MPランボルで遊べばきっとトランスフォーマーにハマってくれるでしょうw 



return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔