2013/01/26

【レビュー】トランスフォーマープライム アームズマイクロンAM-34 スタントワイルドライダー

01-TFPアームズマイクロンAM-32 ワイルドライダー
TF_AM_wildrider(1)
 今回は、トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズより、スタントワイルドライダーを紹介します。プライムでの彼はブレークダウンと同じスタンティコン部隊に所属しているらしい。実際、劇中に登場してないのでどんなキャラかは詳しく分かりません……。
 さて、まずはビークルモードから見てみましょう。全体像を前から。何ともイカしたスポーツカーからトランスフォームします。先に発売した同シリーズのホイルジャックのリカラーとなります。

TF_AM_wildrider(2)
 後ろから。なんか寂しいですね……。ミニ四駆みたいに、上の2つの突起にウィング付けてあげたいところw

TF_AM_wildrider(3)
 横から。ホイルジャックと比べると、共通ジョイント穴が少なくなっています。お陰でスポーツカーの綺麗なプロポーションが保たれています。転がし走行も可能。また、車のドア部分にディセプティコンマークのシールを貼っています。

TF_AM_wildrider(4)
 シール部分を簡単に紹介。ボンネットのディセプティコンマーク、前照灯はシールで再現。シール仕様の今シリーズは批判を食らうことが多いのですが、これはシールじゃないと表現できない素敵なデザインだと思います! カッコイイ!

TF_AM_wildrider(5)
 尾灯は2種類のシールで再現。

TF_AM_wildrider(5-1)
 ちなみに、おまけシールはこんな感じで、スタンティコンのマークですね。同部隊のブレークダウンをお持ちの方は貼ってみてはいかがでしょうか?

TF_AM_wildrider(6)
 付属のアームズマイクロンをこのようにマウントすることができます。

TF_AM_wildrider(7)

TF_AM_wildrider(8)
 ビークルモードの写真をさらに2枚! 走っているようなイメージで撮ってみました。

TF_AM_wildrider(9)
 続いて、スタンドワイルドライダーのロボットモードを紹介。全体像を前後から。細くもなく太くもなく、トランスフォーマーの戦士としては標準的な体型。

TF_AM_wildrider(10)
 斜め前から。余分なガワパーツも少なく、上手くまとまってる印象を受けますね。

TF_AM_wildrider(11)
 お顔はこんな感じ。色的にはディセプティコンなのですが、何だか悪役っぽくないw 目と顔の一部に塗装、スミ入れまでされています。

TF_AM_wildrider(12)
 目は塗りつぶされているのですが、薄手のためか、集光ギミックがよく働きます。ギミック発動前と後ではかなり雰囲気が違いますねー。

TF_AM_wildrider(13)
 ロボットモードで新しく貼るシールは胸部だけ。金色のフロントガラス形状の部分です。今回は比較的貼りやすい部分だけで良かったw

TF_AM_wildrider(14)
 各部位を簡単に見てみます。腕は内側からだとこんな感じで、前腕、肘にヒンジが入っています。手首はボールジョイントとヒンジが仕込まれており、武器などを扱うのに役立つでしょう。

TF_AM_wildrider(15)
 脚部は、車のボンネット部分を上手く変形させているため、余計なパーツがありません。

TF_AM_wildrider(16)
 ここからは付属品の紹介。ホイルジャックと同様に2本の刀が付属します。色は黒で、渋い!

TF_AM_wildrider(17)
 背中に収納する事ができます。ちなみに、ビークルモードでは車の裏側にちゃんと納まっていました。

TF_AM_wildrider(18)
 アームズマイクロン、オズが付属。ビーストモード(?)は写真の通りで、マンモス型となっています。名前の由来は動物の「象」からきてるのかな? でもマンモスだし……。

TF_AM_wildrider(19)
 横にはディセプティコンマークの付いたエネルゴンクリスタル。茶色っていうのもまた渋いw

TF_AM_wildrider(20)
 変形してグレネードランチャーに変形します。アームズマイクロンって、武器モードだと大きすぎて持てあます場合が多いのですが、オズのようにそもそもが大きいサイズの武器に変形してくれると、結構しっくり来ますね。

TF_AM_wildrider(21)
 横の突起を使って、両手持ちさせることも可能。これをやらせて、ビー玉を飛ばして遊ぶとある玩具を思い出しました……w

TF_AM_wildrider(22)
 可動についてさらっと説明。腕は前腕と肘のヒンジ、手首のボールジョイント&ヒンジと、可動部が多めに設けられています。肩はボールジョイントとなっていますが、パーツ干渉により写真くらいまでしか腕を持ち上げられません。
 股関節はボールジョイント、太もものロール軸可動あり。膝はちょうど90度くらい曲がります。足部分は横から挿入されたボールジョイントにより可動し、なかなか柔軟に動いてくれます。

TF_AM_wildrider(23)
 さて、最後は適当に遊んでみました! 二刀流アクション!

TF_AM_wildrider(24)

TF_AM_wildrider(25)

TF_AM_wildrider(26)
 グレネードアクション!

TF_AM_wildrider(27)

TF_AM_wildrider(28)

TF_AM_wildrider(29)
 なんとなくアームズマイクロンのベーハーBと組み合わせてみる。チェーン付きの武器って、どうも悪役のイメージが強い。 色が灰色だったらぴったり似合ったのになぁ……。

TF_AM_wildrider(30)
 合体武器でアームズアップ!

TF_AM_wildrider(31)

 以上、「トランスフォーマープライム アームズマイクロンAM-34 スタントワイルドライダー」のレビューでした。
 シール貼りが苦手で買い控えていたAMシリーズですが、今回紹介したワイルドライダーはシールでしかできない表現がなされており、魅力的に感じ購入に至りました。ビークル時のデザインがもうカッコ良くてお気に入りです! AMシリーズは塗装しない一方、こういう部分で差別化を計れば良いのにと感じました。
 ロボットモード時は基本的にホイルジャックと同じですが、頭部だけ新規造型。可動部も多く設けられており、付属の武器も豊富です。こいつ一体だけでもよく遊べる上に低価格で、値段の割りにプレイバリューはかなり高いと思いますよ。
 と言うわけで、AMシリーズのワイルドライダー、強くオススメできます! シール貼りも比較的簡単で少ないですし、入門にも打ってつけでしょう。ぜひチェックしてみてください。


return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔