2013/03/19

【レビュー】バンダイ 爆裂連鎖バンバーン -01弾-光vs闇 爆裂闘争 16種類

01-爆裂連鎖バンバーン -01弾-光vs闇 爆裂闘争
 ※全20種のうち、16種類のみを紹介しています。
bangburn_01(1)
 今回は、3月中旬に登場した新ホビー「爆裂連鎖バンバーン」を紹介します。第1弾はガチャガチャでの商品展開となっており、1回200円、バンバーン本体(公式では「バン」と呼んでいる)が2つ入っています。
 さて、まずはバンを見てみましょう。写真から分かるように、バン1枚の札になっており、表面にはバンバーンのタイトルロゴのシールが貼られています。

bangburn_01(2)
 バンを写真のように展開することができます。内側にはキャラクターのイラストが描かれた面が2つ、タイトルロゴ面の裏側にはキャラクターの説明が記載されています。

bangburn_01(3)
 さて、実際にどうやって遊ぶのかを紹介します。まず付属の輪ゴム(パワーバンドと呼ぶ)をバン側面の溝に引っ掛けて、写真のように×を作ります。

bangburn_01(4)
 これを思いっきり裏返して、パワーバンドが伸びきった状態をつくります。後は手を離して、勢いよく飛ばします。小学校の工作でよくある、厚紙と輪ゴムで作れるあの玩具(名前わからん……)と原理は全く同じですが、材質がプラスチックになっていて丈夫ですし、その他の要素も様々取り込まれています。
 一番特徴的なのはバーストコア(ストッパーのこと)と呼ばれる部分が設けられており、これによりゴムが伸びきった状態を維持できます。何らかの衝撃でバーストコアが外れればバンが勢いよく跳んでいく、つまり「爆裂」するわけです。

bangburn_01(8)
 セットアップされたバンに別のバンをぶつけることで、衝撃が次々と伝わり「連鎖」します! これが爆裂連鎖と呼ばれる所以であり、より多くのバンを使うことで派手な連鎖を作る事が出来ます。
 連鎖の仕方にも名前があるようです。例えば上の写真のように離れたバンを連鎖させることを  「バーン連鎖」と呼ぶようです。ネーミングセンスェ……

bangburn_01(9)
 このようにバンを重ねて連鎖させることを「ババーン連鎖」と呼びます。上に載せられたバンを吹き飛ばす必要があるので、パワーバンドの巻き方を工夫して威力を上げることで成功しやすいようです。


bangburn_01(5)
 ちなみに、パワーバンドの色は黄色と紫の2種類あり、それぞれのガチャポンに1つずつ付属します。今回の弾で登場するキャラクターには光と闇、2つの勢力があり、それをイメージした色だと考えられます。

bangburn_01(6)
 バンをさらに詳細に見てみましょう。側面の溝は3つ、それぞれ「1」「2」「3」と名前付けられており、パワーバンドの威力を調節することができます。一番外側の「3」が最も強力ですが、跳ばずに空転することが多いようです。
 キャラクター面には、キャラクターの名前、デザイン、種族などが描かれています。下側のBPとは「バーストポイント」であり、公式ルールで用いるらしいです。FPは「フォーメーションポイント」の事で、バンの並べ方によるボーナス点という位置づけだそうです。FPに関わる並べ方については後述。

bangburn_01(7)
 キャラクター面裏側は必殺技の面となっています。キャラの色が変更されており、コスト、必殺技が新たに記載されています。公式HPではこれらの意味が明記されていないので、今のところ遊び方が不明ですw

bangburn_01(10)
 全長10cm程度のねんどろいどと大きさを比較。バンの大きさは5~6cmといったところでしょうか。小さい本体にキャラクターのイラスト、プロフィールなどが詰め込まれているわけですね。

bangburn_01(11)
 ここからは、今回集められたキャラクターを紹介します。全20種類中、16種類ゲットしました。何回ガチャ回したかは聞かないで……orz
 まずは光の勢力から。ビッグダイウィザードは3大魔導士の一人だそうで、勢力のボスって感じですね。そのためかシールはキラキラな仕様となっています。「生息爆裂音」というのは、その音にキャラクターが潜んでいるという設定なのでしょうか? 直接見れないものですから、なかなか想像がしづらいですねw

bangburn_01(12)
 サンダーナイト。煌びやかな鎧が特徴的です。

bangburn_01(13)
 マジカルエンジェル。男児向け玩具にまさかの萌えキャラ! 可愛い!

bangburn_01(14)
 ライトニングドラゴン。こういうものにはお馴染みのドラゴンです。こいつはキラではありませんが、数値や特殊能力だけ見ると強そう!

bangburn_01(15)
 ホーリーゴーレム。種族は怪物らしいですが、どちらかというと機械っぽい。

bangburn_01(16)
 サムライダー。西洋風のキャラばかりかと思いきや、意外にも侍w

bangburn_01(17)
 ホークウィザード。キックしてるポーズ+ウィザードということで、某仮面ライダーを思い出しますw

bangburn_01(18)
 トリケラゴン。恐竜とドラゴンを合わせたようなイメージ。

bangburn_01(19)
 続いて、闇の勢力についても紹介。ダークゴッドラゴンは神級のパワーを持つようで、その実力からキラ仕様となっているようです。

bangburn_01(20)
 ダークブレイド。鎧のディテールが禍々しく、いかにも悪役って感じの騎士ですね。

bangburn_01(21)
 オクトマジシャン。タコと魔法使いを混ぜるとは……キモいw

bangburn_01(22)
 シャドウドラゴン。ライトニングドラゴンとはライバルの関係にあるようです。

bangburn_01(23)
 イーブルゴーレム。ホーリーゴーレムとは対になる存在なのでしょうか。なかなかカッコイイです。

bangburn_01(24)
 ブラックドラグーン。真っ黒な鎧が特徴的。ツノも多い。
 こいつの特殊能力ですが、いまいち解釈がわからないです。BP600からさらに2倍になるのか、2倍になって既にBP600になっているのか。紛らわしいです……。

bangburn_01(25)
 ウルフマジシャン。自分と相手のBPと入れ替える特殊能力を持っていて、何ともトリッキーなやつです。

bangburn_01(26)
 ブリザウーマン。マジカルエンジェルに対抗して、こちらにも萌えキャラw くのいちモチーフらしく、こいつも和風キャラと言えばそうですね。


 ※音量注意!
 最後は動画でバンバーンを見てみましょう。上の動画では「トリックバトル10」で使われる4種類のフォーメーション「アロー」「タワー」「ウォール」「スネーク」を紹介しています。
 見て分かるように最初の連鎖さえ成功すれば、その衝撃で隣り合うバンが次々と爆裂してくれます。これがなかなか気持ち良いw 不発ってことがほとんど無くて、商品紹介の文言通り誰でも爆裂連鎖を楽しめるでしょう!

bangburn_01(27)

 以上、「バンダイ 爆裂連鎖バンバーン -01弾-光vs闇 爆裂闘争」のレビューでした。
 集めて楽しい新ホビー、爆裂連鎖バンバーンの紹介でした。昔ながらのあの玩具(やっぱり名前がわからない……)と仕組みは全く同じですが、バーストコアと呼ばれるストッパーのお陰で、今までにない「爆裂連鎖」という遊び方ができるようになりました。このストッパーは緩めにバンを留める程度ですから、不発ということが滅多にありません。逆に誤爆が多いですが……。
 キャラクターを描く事でコレクション性を持たせていて、いっぱい集めたくなる仕様なのも良いですよね。全20種とありますが、1カプセルに2枚付属、2枚の組み合わせはそれぞれ必ず決まっているので、実質10種類ということになります。例えば、「ダークゴッドラゴン」が入っているカプセルには必ず「トリケラゴン」が入っています。この仕様、結構ダブりやすいのが難点で、実際に私も何回かダブって結局コンプリートには至りませんでしたorz 仕方ないね。
 まあまあ、ダブっても数さえ集まれば大いに楽しめるのがバンバーンです! 1回200円から、興味のある方は試しに遊んでみるのはいかがでしょうか?

 ↓全種セットもあるみたいですよ。


return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔