2013/04/28

【レビュー】参乗合体トランスフォーマーGo! G17 ハンタースタースクリーム

01-参乗合体トランスフォーマーGo! G17 ハンタースタースクリーム
TF_Go_stsk(1)
 今回は、2013年4月より始まったトランスフォーマーの新シリーズ、「参乗合体トランスフォーマーGo!」より、
ディセプティコン航空参謀ハンタースタースクリームを紹介します。この商品は、海外で展開されたシリーズ、
「TFプライム ビーストハンターズ」で登場したものでして、その名の通り狩猟をテーマにしたシリーズでした。
スタースクリームにハンターという名前が付いているのはそのためです。「参乗合体~」シリーズとはちょっとテーマが違う気もしますが……w

 さて、まずはビークルモードを見てみましょう。全体像を前から撮影。
 スタースクリームと言えばお馴染みのジェット機です。ところどころに見られるメタリック塗装が
カッコよさを引き立てますね。


TF_Go_stsk(2)
 後ろから。
 主翼、尾翼もしっかりと造形&塗装がなされています。ジェット噴出口っぽい造形も見られます。

TF_Go_stsk(3)
 横から。
 ランディングギアは前後に合計3つありますが造形だけでして、転がし走行はできません。

TF_Go_stsk(4)
 ジェット機のノーズ部分。
 ランディングギアは引き出し式ですので、飛行シーンを撮影する際の邪魔にはなりませんよ。

TF_Go_stsk(5)
 主翼部分。メタリックシルバーがまぶしいw
 ウィング裏側にはスタースクリームの武器であるミサイルを装着しています(紫色のパーツです)。
取り外し可能で、様々な部分に装着できるのですが、これについては後述。

TF_Go_stsk(6)
 ハンタースタースクリームには、巨大武器「ハンティングクロー」が付属します。ビークル時に
この武器を装着すると、上の写真のようになります。この状態もなかなか良いですね~。


TF_Go_stsk(7)
 後ろから。ジェット噴出口の造形を統一しているのにちょっと感心w

TF_Go_stsk(8)
 飛行しているところをイメージして数枚撮ってみましたー。

TF_Go_stsk(9)
 ハンティングクローが無い状態だとかなり薄くて、こういう写真が映えますね。

TF_Go_stsk(10)

TF_Go_stsk(11)
 ハンティングクローを装着して数枚~。

TF_Go_stsk(12)
 さて、ここからはロボットモードの紹介です。全体像を前後から。

TF_Go_stsk(13)
 斜め前から。スタースクリームのほっそりした感じがよく再現できています。

TF_Go_stsk(14)
 お顔をアップで撮影。悪知恵が働きそうなプライムスタスクさんのお顔! 角、眉毛など、要所は
ちゃんと塗装されています。集光ギミックは備わっていません。
 首の可動についてちょっと説明。ボールジョイントとヒンジの二重関節のような構造になっており、
左右にスイングしたり、上に大きく顔を上げるようなこともできます。

TF_Go_stsk(15)
 上半身部分をアップで撮影。各部アーマー、背中のウィングが特徴的ですね。
そして、背中にちょっと浮き気味の黒い棒……これどうにかならなかったのかなw

TF_Go_stsk(16)
 脚部はこんな感じ。スタスクらしく(?)、ほっそりとした脚。塗装が無く、ちょっと地味ですね……。

TF_Go_stsk(17)
 ここからは付属の武器を紹介。お馴染みのミサイルは2つ付属し、写真のようにそれぞれを腕に
装着する事が出来ます。背中のウィング裏にも装着できます。

TF_Go_stsk(18)
 巨大武器、「ハンティングクロー」。敵を挟むクローに、捕まえた的にダメージを与えるチェーンソーが
備えられた武器のようです。何ともエグいw 
 この武器には裏側に長めのピンが用意されており、右手と左手、また前腕部分のジョイント穴に
装着する事が可能です。

TF_Go_stsk(19)
 ハンティングクロー後部にもピンがありますので、このように大剣のような持たせ方も。
これはこれでカッコイイですね~。

TF_Go_stsk(20)
 写真のようにミサイルをハンティングクローに装着できます。合体武器! 実用性はさておいて、
合体はロマンですよね!

TF_Go_stsk(21)
 ここで、各部分の可動について簡単に紹介。肩、肘はそれぞれボールジョイントによって可動します。
上腕のロール軸可動部がありませんが、肘のボールジョイントである程度カバーできます。
また、手首が回転できるので、武器の持たせ方に少し表情を付けられるかもしれません。

TF_Go_stsk(22)
 脚部の可動について。股関節はボールジョイント、太腿のロール軸可動、膝と足首に
ヒンジが設けられています。また、腰の回転可動はありません。
 足首部分のヒンジのお陰で、接地性はかなり良くなっていますが、肝心の固さが足りていません。
前後にバランスが悪いとすぐに倒れてしまいます……orz
個体差かもしれませんが、その場合はなんとかして補強してあげましょう。

TF_Go_stsk(23)
 さて、一通り紹介したところで、最後はいろいろポーズをつけて撮影してみました!

TF_Go_stsk(24)
 ミサイル&飛行アクション!

TF_Go_stsk(25)

TF_Go_stsk(26)

TF_Go_stsk(27)
 ハンティングクローアクション!

TF_Go_stsk(28)

TF_Go_stsk(29)
 どこかで見たことあるポーズ……。

TF_Go_stsk(30)

TF_Go_stsk(31)

 以上、「参乗変形トランスフォーマーGo! G17 ハンタースタースクリーム」のレビューでした。
 新シリーズ、トランスフォーマーGo!のハンタースタースクリームを紹介しました。海外では
ビーストハンターズというシリーズ名の下で発売された商品でして、巨大な狩猟武器、
また、全体のデザインやカラーリングが派手で、まるで狩猟民族のようなイメージでした。
しかし、国内版では落ち着いたカラーリングとなっており、エスニックな雰囲気から少し離れて、
万人受けするような仕様に変更されました。

 スタースクリームも例外ではなく、グレーとメタリックブルーでシンプルながら綺麗に仕上がっています。
色遣い的に、何だか正義のヒーローと言われても違和感ないような……w
値段高騰のため、塗装が省略されがちな事が良く言われますが、個人的には全身メタリックよりも
今回のように要所だけ塗装してくれた方が、塗装ハゲを気にせずガシガシ動かせるので好きだったりします。

 スタスクにはミサイル2つと巨大な武器ハンティングクローが付属します。ミサイルはジェット機の主翼や
腕、さらにハンティングクローにも装着でき汎用性が高い。ハンティングクローはDOTMのメックテックウェポンのように
手動でクローを開閉させる形式となっています。閉じた状態で固定できないのはちょっと残念かも。
また、この武器、スタスクに比べてかなりの大きさで、持て余し気味になってしまうこともしばしば。
しかし、ポーズによっては迫力が出るので、一概に残念な仕様とも言いきれませんよ~。

 可動範囲もかなり広く、飛行ポーズもしっかりと決まります! ちょっと気になることを強いて言えば、
足首部分のヒンジがかなり緩いことですかね。まあ個体差かもしれませんが……。
このままでは自重をしっかり支え切れないので、何らかの補強が必要になるでしょう。

 可動も良好で、武器も豊富。そして何よりカッコイイ! 値段もそこそこ抑えられていて、色々な意味で
素晴らしいトランスフォーマーでした! TF新シリーズはどれも力作揃いですが、スタスクは特にオススメ!
どのトランスフォーマーを買うか悩んでる方、スタスクファンの方は是非買いましょう!








return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔