2013/06/02

【レビュー】wave BEACH QUEENS オーナメント 拡張ベースセット

01-wave BEACH QUEENS オーナメント 拡張ベースセット
製品名:ビーチクイーンズ専用 拡張ベースセット
価格:840円(税込)
発売時期:2013年7月発売予定
製品仕様:ABS製完成品
サイズ:NONスケール
メーカー:株式会社ウェーブ(http://www.hobby-wave.com/)
(c)WAVE CORPORATION
※これは、ウェーブのサンプルレビューに申し込んだ上で届いた発売前のサンプルです。
wave_base(1)
 BEACH QUEENSシリーズでお馴染みのウェーブより、新オーナメントが登場しました。
今回は拡張ベースセット! シリーズに登場したフィギュアをより綺麗に飾るための
パーツがセットになっています。今回は、その製品サンプルのレビューとなります。
 さて、まずはパーツ一式とフィギュアを使って1枚撮ってみました。
台座の高さを調節、背景紙、また名前プレートをフィギュアと一緒に飾れるようになっています。

wave_base(2)
 ここからはパーツをくわしく説明。パッケージ説明によると、写真左側のパーツが「ベース」、
右側が「スペーサー」と名づけられていて、1セットに一つずつ付属します。
ベースはその名の通り、台座を支えるパーツですね。スペーサーは高さをひとつ上げる役割を持っています。
このパーツは何個でも積み上げる事ができ、拡張ベースを複数持っていれば、
自由に高さを決める事が出来ます。

wave_base(3)
 写真の六角形のパーツは「アダプター」と名付けられており、台座を直接的に支える
パーツとなります。一つのベースに一つだけ使う事になります。
 ビーチクイーンズシリーズにおいて、フィギュアの台座はどれもほとんど同じ形ですが、
シリーズ初期のものと最近のものではわずかに差異があるようです。
そのため、スペーサーをひっくり返して使う事で、どちらにも対応できるようになっています。

wave_base(4)
 で、これらを実際に使ってみた写真がこちら。
左側がスペーサー未使用、右側がスペーサーを1つだけ使ったものとなります。
このように、フィギュア同士に段差を付けて飾る事ができます。写真の状態から前後に
ビーチクイーンズのフィギュアを前後に並べてあげることも可能です。

wave_base(5)
 左側がスペーサー未使用、右側にはスペーサーを2つ使いました。
拡張ベースを2つ使うと、地面に置いたフィギュアと拡張ベースを使ったフィギュアとでは、
最大スペーサー3個分の高さの差を付ける事が出来ます。
背が低くて幼女っぽいキャラと大人のお姉さんキャラを同じ高さにして飾りたいときは
重宝するかもしれませんね。

 ところで、パーツ同士の固定についてのお話ですが、ベース、スペーサー、アダプターおよび
フィギュア台座はそれぞれ重ねるだけとなっており、パチッっと付く訳ではありません。
ベース同士は付属のジョイントを使って固定できます。上の写真ではジョイントを使って
位置を固定しています。

wave_base(6)
 ちなみに、セガプライズの水着フィギュアに一時期使われてた六角形スタンドにもこの拡張ベースが使えます。その際は、アダプターを使わずにスペーサーに台座を直接載せてあげると上手く飾れます。

wave_base(7)
 輪っかのパーツを積み上げていく性質上、内部に空洞ができます。
この部分に余ったパーツなどを収納できるので便利ですね。

wave_base(8)
 ここからはオプションパーツの紹介です。背景紙を支えるパーツは、スペーサーに直接はめ込んで
使います。これにより、背景とフィギュアを一緒に飾るのが容易になります。

wave_base(9)
 ちなみに、付属の背景紙はこんな感じ。夏の雲と砂浜、綺麗な海の写真ですね。
ビーチクイーンズシリーズにはちょうど良い背景です。

wave_base(10)
 オプションパーツその2は名前プレート。フィギュアの展示会とかでは必ず見られるアレですね。
「BEACH QUEENS」と書かれた台紙はパッケージ横に付いていたのを切り取って使いました。
最近のフィギュアだと、これがパッケージ底面に印刷されているようです。お手元にある方は
確かめてみましょう。
 名前プレートの使い方は全部で3パターン。紙が斜めになるように飾るのが一つ目(写真上)、
紙が地面と垂直になるように飾るのが2つ目です(写真下)。
写真上側の使い方だと、ジョイントを使ってベースに直接はめ込む事ができます。

wave_base(11)
 最後の使い方は写真の通り。紙と名前枠をそのままベースに固定するやり方です。
個人的には、これが一番場所をとらなく良いかなーと思います。

wave_base(12)
 さて、一通り紹介したところで、最後は拡張ベースを使って撮影してみました!
こんな風に飾ってみると結構映えますね~。

wave_base(13)
 階段状に使ってみる。ビーチバレーの表彰台か何か?w

wave_base(14)
 最後はいろいろ使って1枚!

 以上、「wave BEACH QUEENS オーナメント 拡張ベースセット」のレビューでした。
 ビーチクイーンズのフィギュアをさらに魅力的に飾る事が出来る、拡張ベースセットの紹介でした。
スペーサーを使って、ひな壇のように高さを付けて飾ったり、名前プレートや背景紙スタンドを駆使して
オシャレに飾ってみたりと、アイディアさえあれば汎用性の高いアイテムだと思います。
ベース内部の空洞が収納スペースとして使えるのも良いですよね。ビーチクのフィギュアって
余りパーツができることがよくありますし。

 名前プレートに使う紙ですが、今回のレビューでは拡張ベースのパッケージ横に
印刷されていた物を使いました。最近のビーチクのフィギュアではパッケージ底面に
以下のようにプリントされているみたいです。箱を展開しないでとっておく人もいますし、
何だか地味というか、分かりづらいですよね……。

(センボ様のツイートより画像を貼らせていただきました!)
 また、過去のフィギュアにはこの台紙が印刷されていないので、pdfファイルか何かで
過去の全てのキャラ、作品の台紙が網羅されると良いですね~。



return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング
のらた at 19:00│Comments(0) WAVE ウェーブ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔