2013/10/19

【レビュー】アームズチェンジシリーズAC-02 仮面ライダーバロン バナナアームズ

01-アームズチェンジ_仮面ライダーバロン
AC_baron(1)
 シリーズ最新作「仮面ライダー鎧武」より、鎧武に続く二号ライダー、仮面ライダーバロンが
早くもACシリーズに登場しました。今回はバロンの紹介、また鎧武と絡めて遊んでみようと思います。
 まずは鎧を付けていないアクションフィギュア本体の全体像を撮影。
西洋の騎士をモチーフにしたライダーということで、細部のデザインは鎧武とは大きく異なっています。
カラーリングは赤とシルバーとなっており、何だかウルトラマンに似た印象も受けますねw

AC_baron(2)
 お顔をアップで撮影。独特なバイザーと額辺りの宝石らしきものが特徴的です。
横から見ると中央に大きな溝がありますが、これは兜を装着するギミックのために設けられています。
詳細は後ほど紹介します……。

AC_baron(3)
 胸部辺り。鎧武よりも細かな網模様となっており、チェインメイルを意識してるのかなーと思います。
前腕部分の装甲には植物をかたどったような模様が描かれており、メタリック塗装も綺麗です。

AC_baron(4)
 戦極ドライバー。鎧武と全く同じものを使用しています。
劇中だとロックシードや細部に若干の差異があるのですが、そこまでは再現されていません……。
 また、バロンのベルトにはロックシードホルダーや無双セイバーホルダーが用意されていません。

AC_baron(5)
 脚部はこんな感じ。ここだけ見ると本当にウルトラマン……(ヲイ
太ももにも前腕部分にあったものと似たような装甲が設けられていますね。

AC_baron(6)
 ここでバロンの鎧の役割を果たすバナナアームズを紹介。変形前の状態を撮影しました。
まあ……見たまんまのバナナですw ヘタまでちゃんと再現してるのは芸が細かい……。
 仮面ライダー鎧武では、このように果物をモチーフにした鎧が多々登場する予定でして、
他のライダーとも互換性を持っており、鎧の着け変え遊びができます。
このレビューでも最後にちょっとだけ紹介しております。

AC_baron(7)
 アームズチェンジシリーズでは、劇中の変身過程を再現可能となっています。
そのための準備として、まずはちょっと展開して……、

AC_baron(8)
 兜となるパーツを固定して、元の状態に戻します。これで準備完了!

AC_baron(9)
 肩にある溝を目がけて……、

AC_baron(10)
 バナナアームズをかぶせます!

AC_baron(11)
 ちなみに被せただけの状態はこんな感じ。鎧武でもそうでしたが、やっぱりシュールですw

AC_baron(12)
 ここからバナナアームズを展開! 各部の位置を調節して変身完了です!
バナナを頭にかぶせた段階で兜が頭部に装着されていますので、再びお顔が見えた時には
別の姿になっているというわけですね。本当に凝っていてすごい……。

AC_baron(13)
 仮面ライダーバロン バナナアームズの完成です。まずは全体像から見てみましょう。
ボリューム的にも色的にも寂しかったのですが、バナナアームズを付けるとガラッと印象が変わります。

AC_baron(14)
 斜め前後から。

AC_baron(15)
 お顔をアップ。両方の耳にバナナが突き刺さっているという、とても奇抜なデザインの兜を装着していますw
クリアー仕様のバイザー越しに、複眼のような模様が見えるようになりました。

AC_baron(16)
 兜のギミックを簡単に紹介。兜の裏側には模様を施したプレートがありまして、これを頭部の溝に
はめ込むことで、バイザー越しに模様が見えるようになっています。
 この模様っていうのは、モチーフとなった果物の果肉を模っているらしいのですが、
バナナの果肉って……ちょっと想像しづらいかもしれませんねw

AC_baron(17)
 胸部をアップで撮影。バナナの端を肩アーマーに、中央部分を胸部アーマーにした面白いデザインです。
左右非対称なのも特徴の一つですね。

AC_baron(18)
 横方向のボリュームはすごいのですが、前後方向はスリムに収まっています。
鎧武はちょっと収まりが悪かったので、これは嬉しい。

AC_baron(19)
 後ろはこんな感じで、股関節辺りまで鎧が伸びています。
塗装は全くありませんが、リベットのような造形が見られますね。

AC_baron(20)
 バナナアームズ付属の武器は「バナスピアー」。
何ていうか、皮を剥いたバナナをそのまま武器にしたような感じですねw
滑稽な印象も受けますが、長く鋭利にできておりカッコよさも十分です。
 ちなみに、バロンの武器はバナスピアーだけで、無双セイバーは付属しておりません。

AC_baron(20-1)
 バナスピアーは写真のように伸縮できるようになっています。
これのお陰で、自信の身長に匹敵するくらいの長さとなります。

AC_baron(21)
 ここからは可動について簡単に紹介。
 基本的には鎧武と同じ素体ですので、可動範囲も全く変わりません。
腕の可動について。肘は90度ほど曲がり、上腕と手首のロール軸可動あり。
肩は二軸式となっており前後左右に腕をスイング出来ます。
 肩アーマーには2重ヒンジが設けられており、腕の可動に対応して動いてくれるので
可動の邪魔にはなりませんね。

AC_baron(22)
 膝も90度ほど曲がり、太もものロール軸可動、足首にはボールジョイントが仕込まれています。
股関節はボールジョイントではなく、ウィザードと同様の二軸式となっており、隙間が目立たなくなっています。
脚を前後左右に大きくスイングできますので、ハイキックポーズも難なくこなせます。

AC_baron(23)
 手の指は人差し指と中指、薬指と小指がそれぞれ一体となって動きます。
ポーズによって武器の持たせ方を変えることができるのが特徴です。
スピアーのような武器の場合は、薬指と小指だけで持たせると、突きのポーズが上手く決まると思います。

AC_baron(24)
 腰も回転できますがちょっとした注意点が。
右回転させると、鎧と戦極ドライバーの刀が干渉して折れ曲がることがあります。
鎧を少しだけ浮かせるなどして対策しましょう。

AC_baron(25)
 さて、一通り紹介したところで、最後にいろいろポーズを付けて遊んでみました!

AC_baron(26)

AC_baron(27)

AC_baron(28)

AC_baron(29)
 鎧武がこの前やっていたオレンジ防御を真似してみましたw
刺又に近い形状をしてるので、刀相手には有効な戦い方かもしれません……(ぇ

AC_baron(30)
 鎧武と並べて1枚。
どちらもユニークで、かなり派手なライダーですよね~。

AC_baron(31)
 先ほども少しだけ述べましたが、鎧の着け変え遊びができます。
早速取り替えてみましょう!

AC_baron(32)
 仮面ライダー鎧武 バナナアームズ。
素体と色もぴったりで、こっちの方が似合っているようにも感じられますw
マスクの三日月とバナナの形もほぼ同じですし(何
 なお、バナスピアーと無双セイバーの合体ギミックは無いようです。

AC_baron(33)
 仮面ライダーバロン オレンジアームズ。
赤とオレンジのカラーリングが良い感じ。
ボリュームが無くなり、武器も少なくなってしまうのはちょっと残念ですが……。

AC_baron(34)
 いよいよ始まったライダー戦国時代! 戦え!
 ……劇中ではまだ始まっていませんが(ヲイ 今後多数のライダーが登場するようです。
これからの展開にも期待ですね! 

AC_baron(35)

 以上、「アームズチェンジシリーズAC-02 仮面ライダーバロン バナナアームズ」のレビューでした。
 ACシリーズ第2弾、仮面ライダーバロンの紹介でした。変身シークエンスを完全に再現しており、
バナナを被せて変身させるのは楽しすぎてクセになりますねw
バイザーの複眼のギミックやバナスピアーの伸縮ギミックなど、低価格ながらかなり凝った仕様となっています。
鎧武よりはメタリック塗装が多めで高級感があるのもポイントです。
 単品でも十分に楽しいですが、他のライダーも購入することで、着せ替えギミックも楽しめます。
今後も多数のライダーがACシリーズに登場し、鎧だけのセットも販売するということで、玩具の展開にも目が離せませんね!




↑龍玄も画像がアップされましたね。


return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔