2014/02/22

【レビュー】アームズチェンジシリーズAC-09仮面ライダー黒影&チューリップホッパーセット

01-AC黒影
AC_kurokage(1)
 今回は、「仮面ライダー鎧武」に登場するアーマードライダーの一人、仮面ライダー黒影を紹介します。
劇中ではどんぐりのグリドンと同時登場。フルーツの鎧が話題を呼ぶ中、
普段絶対に口にしない木の実をモチーフにした鎧がファンを驚かせてくれましたw
初代黒影の中の人は……orz  最近では複数の黒影部隊(通称、黒影トルーパー)として活躍してます。

 まずはセット内容の確認。
本セットには黒影本体、マツボックリアームズ、武器、ビークルが付属します。

AC_kurokage(2)
 素体を見てみましょう。全体像を前後から。
どこかで見た事あるデザインと思われる方もいると思いますが、まさにその通り。
鎧武の素体をそっくりそのまま流用していますね。
特徴的な塗装も特に無く、何とも地味。まあ量産型だしこんなものでしょう(ぇ

AC_kurokage(3)
 お顔をアップ。バイザー型の目、ハチマキを巻いたようなマスクのデザインが特徴。
あと、口元には謎のディテールが。何だろうこれ……。
 今回も毎度おなじみのギミック用に、横に大きな溝が空いております。

AC_kurokage(6)
 素体を鎧武と比較。
造形は頭部以外全くおなじですね。しかし、全体的な色や塗装の有無に違いが表れています。
こうして見てみると、鎧武が偉い戦国武将のように感じちゃいますねw

AC_kurokage(7)
 先ほどの写真のように戦極ドライバーも全く同じ。
黒影素体のベルトの横側には穴がひとつあります。これは無双セイバーのホルダー用のものでして、
鎧武素体の名残が残っているわけですね。

AC_kurokage(8)
 ということは、黒影に無双セイバーをマウントする事も可能です。
まああまり意味ないですけどw

AC_kurokage(9)
 ここでマツボックリアームズの紹介。全体像を前後から。
私たちが普段目にする松ぼっくりとは何だか違いますけど、雰囲気はつかんでいると思います。
ギザギザ、ゴツゴツ感が他のアームズに無い特徴です。

AC_kurokage(10)
 劇中の変身シークエンスを再現するために、鎧に準備をします。
まずは一度鎧を展開して……、

AC_kurokage(11)
 対応する兜をセット。この状態から元に戻して準備完了です。

AC_kurokage(12)
 ここの流れは毎度同じなので簡単に。
素体の頭部にマツボックリをすっぽり被せます。肩のジョイントに固定した後、
鎧を展開し位置を調節すれば完成です!
被せた際に兜が既に被せられているので、鎧を展開後に兜を装着……という手間が無いんですね。

AC_kurokage(13)
 ここからは黒影マツボックリアームズの紹介です。全体像を正面から。
鎧を装着するだけで急にゴツくなりました。
グリドンもそうでしたけど、なかなか防御力が高そうなライダーです。

AC_kurokage(14)
 斜め前後から。
色は茶色と黒という、量産型らしい(?)渋いカラーリングが良いですね。

AC_kurokage(15)
 頭部をアップで撮影。
兜を装着したことで、クリアーのバイザー越しに松ぼっくりの果肉っぽい模様が見られます。
これが仮面ライダーで言う複眼に相当するわけです。
 兜を後ろから見てみると写真右側の通り。一目見ただけで松ぼっくりと分かる形状ですね。

AC_kurokage(16)
 鎧をアップで撮影。
上腕が見えないくらいぴったりと体を覆った鎧となっています。
胸部アーマーの模様も、戦国時代の歩兵が着てそうなイメージがしますね。個人的な感想ですけどw

AC_kurokage(17)
 背中アーマーはこんな感じで、ちゃんと防具のディテールがあしらわれております。

AC_kurokage(18)
 付属の武器、「影松」。自分の身長よりも長い槍状の武器です。
刃と松ぼっくりの造形が特徴的。手に持たせやすくするための部位も設けられています。
また、全体的に軟質素材となっております。

AC_kurokage(19)
 可動については今回も簡単に。
 基本的にはこれまでのACシリーズのフィギュアと全く同じです。
肩アーマーが邪魔になるようにも見えますが、ちゃんと上下にスイングできるようになっているので
実際はそんなことは無いですね。

AC_kurokage(20)
 黒影を一通り紹介したところで、今度はロックビークルの紹介です。
L.V.-04「チューリップホッパー」。その名前の通りチューリップをモチーフにした乗り物です。
上の写真はそのロックシード状態のものを示しています。

AC_kurokage(21)
 後ろから。
一応ロックシードの体をなしていることは確認できます。

AC_kurokage(23)
 手持ちのロックシードと大きさ比較。
これまでのロックビークルの中でも一番のボリュームだと思います。
ここまで来たらもうロックシードとは言えない気もしますが……w

AC_kurokage(24)
 ギミックを紹介。横のボタンを押すと錠前のツル部分が跳ね上がります。
ロックシード共通のギミックです。

AC_kurokage(25)
 実際に戦極ドライバーに装着して斬ることもできます。
私はベルト持ってないのでその状態を見せることはできませんが、斬るとこんな感じになるようですよ。

AC_kurokage(26)
 ロックシード状態から変形させて……ここからはビークルモードの紹介です。
全体像を前後から。縦に長いビークルっていうのは良く分かると思います。
それにしてもこの乗り物は一体……「ホッパー」って言うくらいだから、高くジャンプするのに便利なのかな?

AC_kurokage(27)
 各部をよりアップで見てみましょう。
錠前のツル部分には、搭乗者が前を覗くためのスコープらしきディテールがあります。

AC_kurokage(28)
 胴体部分。チューリップのマークが可愛らしいw
サイドにあるディテールは、もしかしたらバルカン砲的な武器なのかもしれません。

AC_kurokage(29)
 脚部。バッタのような形状の脚で、これなら高く跳べそう!

AC_kurokage(30)
写真のように、各部分もある程度可動します。
しかし、後ろ側の関節が完全固定なので真っすぐ伸ばすことはできません。

AC_kurokage(31)
 実際に黒影を乗せてみる。立ったまま搭乗するという、何とも不思議なビークルですw

AC_kurokage(32)
 横から。ちゃんと持ち手もあり、フィギュアとビークルをしっかり固定できます。

AC_kurokage(33)
 また、黒影の足裏に設けられた穴とピンを使って足を固定することでさらに安定性が増します。
ACシリーズの他のフィギュアも全く同じ仕様ですから、全てのライダーを同様に搭乗させられます。


AC_kurokage(35)
 さて、一通り紹介したところで、最後は適当にポーズを付けて遊んでみました!

AC_kurokage(36)

AC_kurokage(37)

AC_kurokage(38)
 影松アクション! 
長い武器は楽しいですね~

AC_kurokage(39)
 自分の背中から影松を繰り出して攻撃!

AC_kurokage(40)
 味方かと思わせて……即裏切る黒影さん!

AC_kurokage(41)
 良き時代のグリドン&黒影。
もうこんなシーンは見られないかもしれない……。

AC_kurokage(42)
 「僕が踏み台になって!」「俺が討つ!」
美味しいところを全部持っていく黒影さん。

AC_kurokage(43)
 チューリップホッパーでもアクション!

AC_kurokage(44)
 鎧武も搭乗可能!

AC_kurokage(45)
 謎ビークルですけど、武器持たせながらだとカッコいいです

AC_kurokage(47)
 最後の最後に、恒例のアームズ着せ替え例を紹介したと思います!
あまりに数が多いので、個人的に良かった&面白かったものをいくつか挙げてみます!
 まずは黒影とグリドンのアームズを着せ替え。グリドンさんは色もぴったりですねw

AC_kurokage(48)
 黒影イチゴアームズ&バナナアームズ。
「偵察!インザシャドウ」ができそうなイチゴアームズと、誰に装着してもカッコいい万能バナナですw

AC_kurokage(49)
 黒影キウイアームズ。
なんか気に入ってしまいました。

AC_kurokage(50)
 オーズアームズ&ウィザードアームズ。
オーズもウィザードも黒ベースのスーツですから似合うかなーと思ったのですが、
むしろ可愛くなってしまったようなw

AC_kurokage(51)
 メロンエナジーアームズ。なんか素体と釣り合わない感があるような無いような

AC_kurokage(52)
 マツボックリアームズを他のライダーに装着。
鎧武マツボックリアームズは中堅の戦国武将みたいでカッコいいですね。
ただし武器を持て余しがちに……。

AC_kurokage(53)
 斬月マツボックリアームズ。これはこれで渋くて好みです!

AC_kurokage(54)

 以上、「アームズチェンジシリーズAC-09仮面ライダー黒影&チューリップホッパーセット」のレビューでした。
 グリドンの流れを汲んで、ビークルとセット販売となった黒影さんの紹介でした。
序盤に活躍したアーマードライダーがこれで大体揃いました(ブラーボはプレバン行き)
これまで発売されたフィギュアと同様に、今回も良い出来で遊びがいがあります。
ACシリーズコンプを目指してる方は一つ、黒影トルーパーを編成したい方は多々買うと良いでしょう。
余ったチューリップホッパーがあったら私にください(殴





return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔