2014/02/25

【レビュー】タカラトミー TFジェネレーションズ TG-30 ワスピネーター

01-TG_ワスピネーター
TG_waspinator(1)
 今回は、2014年2月トランスフォーマージェネレーションズシリーズに登場した、ワスピネーターを紹介します。
初代、2010辺りのオマージュがメインだった本シリーズですが、ついにビーストウォーズからも参戦です!
日本語版では「ワスピーター」という名前で活躍、声優の楽しい吹き替えが特徴的でした。
それにしても、もうBW放送から15年くらい経ってるんですねぇ……。
 さて、まずはワスピネーターのビーストモードから見てみましょう。全体像を前から。
ハチからトランスフォームするわけですが……緑のハチっていうのも珍しいですね。
各部のディテールも良く出来ており、本物のハチと比べても良い線行ってると思いますw

TG_waspinator(2)
 後ろから。腹部の黄色と黒の縞々、針がハチっぽさを表現していますね。
メタリック塗装が綺麗に仕上がっています。

TG_waspinator(3)
 横から。フィギュア本体は6本の細い脚で頑張って支えていますw
長期間飾る場合には脚の変形に注意した方が良いかもしれません。

TG_waspinator(4)
 お顔をアップ。
目の複眼、触角、口などがリアルに再現されています。
本当にリアルすぎて、虫が苦手な人は触れないかもw

TG_waspinator(5)
 昆虫特有の6本の脚もしっかり再現。
根元がボールジョイントやヒンジになっているのである程度ポーズを付けることもできます。

TG_waspinator(6)
 お尻にはクリアー仕様の針。
特にミサイル発射ギミックなどはありません。別になくても良いけどw

TG_waspinator(7)
 背中の羽根。クリアー仕様で繊維質の模様がしっかり造形されており、大変キモいです(ヲイ
各羽根は1つのパーツなのですが、羽根が2枚重なって見えるようになってるのが面白いですね。
付け根はボールジョイントとなっており、可動できるようになってるのもポイント。

TG_waspinator(8)
 ここでギミックを一つ。背中にあるレバーを後ろに引くと、連動して両方の羽根が前へ動きます。
虫が飛ぶときのあの羽根パタパタを玩具で再現できるわけですね!
これであのブ~ンっていう音まで再現できたら完璧だった!(ぇ
 ちなみに、レバーから手を離すとバネの力で元に戻りますので、
ポーズを保持したい場合はつまようじなどを使ってレバーを固定しましょう。

TG_waspinator(9)
 「ぶ~ん♪」
 飛行してるイメージで数枚撮影。

TG_waspinator(10)
 もう1枚! 劇中のインパクトが強すぎて、可愛く見えちゃいますねw

TG_waspinator(11)
 ハチの状態から変形して……ここからはワスピネーターのロボットモードを紹介。まずは全体像を前から。
十数年前の玩具のようなずんぐりむっくり感も無く、しっかりまとまっているのが感激です!
CGアニメの彼のイメージにかなり近づいていると思いますよ。

TG_waspinator(12)
 斜め前後から。
サイズはデラックスクラス程度。最近のTF玩具にありがちなスカスカ感もなく好印象です。

TG_waspinator(13)
 お顔をアップ。
複眼やギザギザの歯、触角を模したディテールが特徴です。
CGアニメの彼とほとんど同じ印象ですが、若干イケメン化されたようなそうでもないような……?
 眼はクリアー仕様となっており、集光ギミックもしっかりと機能します。
写真右側だと見づらいのですが、眼が特に明るいのが分かりますね。

TG_waspinator(14)
 頭部側面にはビーストウォーズ時のデストロンマークがあしらわれております。
英語だとディセプティコンとは呼ばず、プレダコンと呼ぶそうなので「プレダコンマーク」が正しいのかな?

TG_waspinator(15)
 各部のディテールを見てみましょう。まずは上半身をアップ。
胸部にハチのお顔がそのまま来ています。ワスピネーターのボディで一番特徴的な部分ですね。
両腕の前腕部分には昆虫の脚が余りパーツになっています。
簡単に取り外せるようになっているので気になる方は取ってしまうのもアリかもしれません。

TG_waspinator(16)
 背中はビーストモードからあまり代わり映えしません。
羽根をパタパタさせるギミックも健在です。飛行する際のポーズを取らせるのに役立ちそうですね。

TG_waspinator(17)
 脚部はこんな感じ。
他のTFと比べると細く長い脚という感じです。まあ、ひ弱なワスピネーターにはぴったりかな(殴
脚部にも昆虫の脚の余りパーツがありますが、上手くまとまっていてそれほど気になりません。

TG_waspinator(18)
 付属の武器は小型の銃。ビースト時にお尻に付けていた針を少しだけ変形させております。
ハチというモチーフを上手く使った武器だと思います。
劇中でも多用されている武器ではありますが、当たった試しがないような……w

TG_waspinator(19)
 各部の可動について簡単に紹介。
首にはボールジョイントが仕込まれており、左右スイング、上下にもちょっとだけ動きます。
肩、肘もボールジョイントとなっており、広い可動範囲を確保しています。手首のロール軸回転も可能で、
武器の持たせ方に変化を付けられて良いですね。
前腕の余りパーツも付け根が回転するようになっているので、邪魔になればその都度動かせてあげましょう。
 なお、腰の回転可動はありません。

TG_waspinator(20)
 脚部の可動について。
 股関節はボールジョイント、太もものロール軸可動があり、腰の回転が無くとも結構ごまかしが効きます。
膝にはヒンジが仕込まれており可動するわけですが、残念なことに30度かそれくらいしか曲がりません。
変形の都合で逆側には良く曲がるため、踵を揃えるようなポーズは得意です。
足部分はつま先と踵が独立して可動し、自立するように適宜調整します。
保持力も十分あり、多少無理なポーズでも意外と自立できたりw

TG_waspinator(21)
 さて、一通り紹介したところで、最後は適当にポーズを付けて遊んでみました!

TG_waspinator(22)
 「ぶ~ん」
 ロボットモードでもやはり飛行シーンがお似合いですね!

TG_waspinator(23)

TG_waspinator(24)

TG_waspinator(25)

TG_waspinator(26)
 ちょっとこういう間抜けなポーズの方が、キャラ的にしっくり来る気もしますねw

TG_waspinator(27)
 同シリーズのスタースクリームと一緒に撮影。
 BWのある回で、スタスクの魂がワスピネーターを乗っ取るというお話があったのをよく覚えています。
ワスピ(スタスク)がまさか大活躍、この回のお陰でワスピが大好きになりましたねw

TG_waspinator(28)

 以上、「タカラトミー TFジェネレーションズ TG-30 ワスピネーター」のレビューでした。
 待ちに待ったTG版ワスピネーターの紹介でした。CGアニメ放送当時の玩具よりもさらに再現度が高くてなっています。
お顔もハンサムで、ロボットの体もずんぐりしておらずスッキリ。キャラ補正のせいでちょっとひ弱にも見えちゃいますけどw
可動もそれなりにこなせますし、ほとんど文句の言いようがない完成度の高いTFでした!
かなりオススメです! これまでのシリーズ動向を見ると再販は無さそうなので購入はお早めに!



return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔