2014/03/05

【レビュー】バンダイ 66アクション仮面ライダー 全4種

01-66アクション_仮面ライダー
66action_kamenrider(1)
 今回は、バンダイから新たに始動した新シリーズ「66(ロクロク)アクション仮面ライダー」を紹介します。
歴代の仮面ライダーをアクションフィギュアにした食玩で、1つにつき約400円、全4種類です。
デフォルメされた可愛らしいデザイン、またフィギュア本体の小ささが特徴的です。

 それぞれのセット内容は上の写真の通りで、フィギュア本体、交換用手パーツ、スタンド、武器が各ライダーに
付属します(1号は武器なし)。低価格でここまで付属品が豊富なのは良いですね。

66action_kamenrider(8)
 大きさを比較してみましょう。左側がねんどろいどぷち、中央が66アクション鎧武、右側が
アームズチェンジシリーズの鎧武となっています。
 見ての通り、全長が66mm程度、驚きの小ささが分かると思います。
AC鎧武が大人、66鎧武が子供ってな感じの構図になっちゃってますねw
ねんぷちとは同じくらいの全長ですが、横方向のボリュームが無くスリムに。

66action_kamenrider(2)
 さて、ここからは各ライダーを簡単に紹介します。
 まずは仮面ライダー鎧武から。全体像を前後から。
鎧武のキービジュアルにもなっている、オレンジアームズをまとった状態での立体化です。
各部の細かい造形や塗装も見事に仕上がっており、鎧武の特徴を良く掴んでいますね。
先ほども言いましたけど、体型はデフォルメされて、もはや子供みたいになっていますw

66action_kamenrider(3)
 お顔をアップ。
 戦国武将の兜にありそうな三日月の飾り、バイザーのオレンジの果肉がクリアーパーツでよく再現されています。

66action_kamenrider(4)
 ボディをアップで撮影。
 鎧やベルトはもちろんですが、素体の網模様も造形しているのは好印象です。
 オレンジアームズはアームズチェンジシリーズのようにもっさりしてないのが良いですねw
戦極ドライバーのロックシードに最低限の塗装。ベルト横には無双セイバーを装着しています。

66action_kamenrider(6)
 脚部をアップ。すべてではありませんが、必要な部分は塗装されています。
「上半身は豪華塗装なのに、下半身は……」ってことが無いので、塗装できない人間にとっては助かりますw

66action_kamenrider(7)
 付属の武器は「無双セイバー」。刃の部分だけ塗装されています。
無双セイバーを持つための手パーツも両方分付属。
ただし、オレンジアームズの固有武器「大橙丸」は残念ながら付属しません。

66action_kamenrider(9)
 続いては仮面ライダーオーズの紹介です。全体像を前後から。
一番有名なタトバコンボでの登場。赤、黄、緑のカラフルな色使いが特徴です。
体型は、先ほど紹介した鎧武と同じように子供体型ですね。

66action_kamenrider(10)
 お顔をアップ。
 タカヘッドの赤はメタリック塗装で、緑の複眼もしっかり再現されています。

66action_kamenrider(11)
 上半身をアップで撮影。
 タカ! トラ! バッタ! のオーラングサークル(直径1cm程度)、トラクローも良く出来てます。
ドライバーにメダルの色が塗装されていないのが残念です。まあ、全部セルメダルだと思えば……(ぇ
 
66action_kamenrider(12)
 脚部をアップ。
 バッタレッグの特徴的な造形を再現した上で、塗装もばっちりです。

66action_kamenrider(13)
 オーズの武器はメダジャリバー。塗装は少ないものの、造形が細かいのであまり気になりませんね。
メダジャリバーを持つための持ち手も両手分あります。

66action_kamenrider(14)
 3人目は、仮面ライダーディケイドの紹介です。その全体像を前後から撮影。
かなり独特なお顔、全体のマゼンタ色や非対称なデザインは正しく世界の破壊者。
おのれディケイドーーーーーーーーーーーー!!

66action_kamenrider(15)
 お顔をアップで撮影。
 カードの束を縦にならべたような、何とも形容しがたい独特なデザインですw
眼はクリアーパーツで再現、塗装も細かく塗り分けられており完成度が高いです。

66action_kamenrider(16)
 上半身はこんな感じ。
 非対称で近未来的なデザインが個人的には好みです。
ディケイドドライバーには最低限の塗装がなされています。

66action_kamenrider(17)
 武器は「ライドブッカー」のソード形態のものが付属します。
見て分かる通り、それを持つための持ち手もあり、パーツを差し替えて使います。
ライドブッカーの銃モード、カードホルダーモードは付属せず。何かの機会で再現してくれると嬉しいですね。

66action_kamenrider(18)
 最後に、仮面ライダーシリーズの始祖、仮面ライダー1号の紹介です。
ここまで紹介した平成ライダーと比べて、ごちゃごちゃしたデザインや肩アーマーが無くてシンプルですね。

66action_kamenrider(19)
 お顔をアップ。トノサマバッタをモチーフにしたマスクがデフォルメされており、可愛らしくも見えますw
複眼や触角のディテールも再現されています。

66action_kamenrider(20)
 後ろから見ると、1号には欠かせないマフラーが確認できます。
ただし可動はせず、頭部と固定されています。

66action_kamenrider(21)
 上半身をアップ。
割れた腹筋のような胸部アーマー、ベルトが特徴です。
メタリックシルバーのグローブが眩しい!

66action_kamenrider(22)
 1号に武器は付属せず、挿げ替えの手パーツは写真のように平手になっています。
格闘ポーズをとらせるも良し、お馴染みの決めポーズを取らせるも良し! ですね。

66action_kamenrider(23)
 一通り紹介したところで、ここからは可動についての紹介です。
 全長66mmの小さいアクションフィギュアですが、それなのに可動範囲が広く遊びがいがあります。
首と肩、股関節、足首にはボールジョイント、肘と膝にはヒンジが設けられており、90度以上曲げられます。
腰の回転も基本的には可能ですが、オーズとディケイドはパーツ干渉のために制限されます。

 上腕と太もものロール軸可動が省略されており、一般的なアクションフィギュアでできたポーズが
できなかったりして、ちょっと取り扱いが難しい場合もあります。ここが66アクションの弱点ですかね。

66action_kamenrider(24)
 先ほども説明しましたが、股関節や膝の可動が優秀で、写真のように立ち膝ポーズも楽々こなせます。

66action_kamenrider(25)
 片足立ちのポーズする場合は、それぞれに付属のスタンドを使うと良いでしょう。
股関節の保持力がある、というよりはフィギュア本体が軽いので、ポーズの維持も簡単です。
 
66action_kamenrider(5)
 また、各ライダーの背中に設けられたジョイント穴は、別売りの「魂STAGE」のジョイントピンとぴったりで、
これを使って飾ってみたり、動的なポーズを取らせてみたりするのもアリだと思います!

66action_kamenrider(26)
 ちなみに、使っていない手パーツはスタンドの付けて保管できます。これは素晴らしいアイディア!
右手と左手でピンの径が違うので、左右を間違える事が無いのが良い工夫です。


66action_kamenrider(28)
 最後に、適当にポーズを付けて遊んでみました!

66action_kamenrider(29)
 1号お馴染みのポーズ!

66action_kamenrider(30)

66action_kamenrider(31)

66action_kamenrider(32)

66action_kamenrider(33)
 逆手持ちもカッコいいです!

66action_kamenrider(34)
 鎧武VSディケイド!
こんな内容の映画、その内やりそうですねw

66action_kamenrider(35)

66action_kamenrider(36)
 二人そろってライダーキック!
1号はよく決まるのですが、あまり脚を持ち上げられない鎧武にはちと厳しいかもw

66action_kamenrider(37)
 「オエージ!! 俺は乗り物じゃないぞ!!」
 オマケに数枚。タクシー代わりにアンクを使うオーズさん。

66action_kamenrider(38)
 「映画の出演多くってさ、もうホント大変だよ……」
 「いやぁ、そうっすね。まじお疲れ様です……」
公園で語らう二人。

66action_kamenrider(39)
 ディケイドくん人形を買ってご満悦なミクさん。
ミクちゃんに抱かれるなんてうらやましいぞおのれディケイドォーーーーーーーー!!!

66action_kamenrider(40)

 以上、「バンダイ 66アクション仮面ライダー 全4種」のレビューでした。
 ひとつ400円程度で良く動くアクションフィギュア、付属品も豊富でプレイバリュー高いです。
複眼の表現、各部ディテールの造形・塗装もしっかりなされており、全てのライダーに対して満足いく仕上がりでした!
全長66mmという、かなり小さいアクションフィギュアをどう思うかは人それぞれですが、
個人的には他の玩具と絡ませやすくて良いんじゃないかなーと思います。
缶コーヒーのおまけか何かでバイクがあった日にはしっかり買い占めておきましょうw

 66アクション仮面ライダーシリーズは今のところ第2弾まで発売決定されております。
少なくとも歴代ライダーは一通り出してほしい。可能であれば各作品の2号ライダーも出ると嬉しいですね。
フィギュアが小さい分、数で勝負して欲しいなーと感じたシリーズでした。



return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔