2014/04/11

【レビュー】アームズチェンジシリーズAC-11 仮面ライダー鎧武 カチドキアームズ

01-AC_カチドキアームズ
AC_katidoki(1)
 今回は、仮面ライダー鎧武のアームズチェンジシリーズに登場した、鎧武カチドキアームズを紹介します。
鎧武の強化形態で、新しい武器を使って戦います。玩具ではどのように再現されているか見てみましょう。

 まずはセット内容の紹介です。
・素体
・兜パーツ
・カチドキアームズ
・火縄大橙DJ銃(銃モード&大剣モード)
・無双セイバー

AC_katidoki(2)
 アームズを装着していない、素体の全体像を前後から。
 基本的な規格はこれまでのライダーと全く同じ。ただし一部のディテールが変更されています。

AC_katidoki(3)
 お顔をアップ。
 頭部の飾りが三日月でなく、鍬形みたいになっていますね。
バイザー部分はクリアーパーツ。横にある溝は兜を装着するために使用します。

AC_katidoki(4)
 胸部をアップで撮影。
 腕にオレンジ色の籠手が新しく装着されています。
戦極ドライバーにはカチドキロックシードが装着された状態が再現されております。

AC_katidoki(5)
 同シリーズの鎧武とディテールの比較。
だいたい同じなんですけど、先ほど言いましたように、頭部の飾りや籠手、ロックシードなどが異なっています。
ロックシードホルダー、無双セイバーのホルダーの有無も違いますね。

AC_katidoki(6)
 続いて、カチドキアームズの紹介です。展開前状態を前と横から撮影しました。
オレンジがモチーフということで、橙色の球体状。オレンジのつぶつぶディテールも見られます。

AC_katidoki(7)
 斜め前後から。
鎧武のマークをあしらった2つの旗が刺さっているのが特徴です。

AC_katidoki(8)
 毎度おなじみ、劇中での変身シークエンスを再現するギミックももちろんあります。
そのための準備として、まずは一度アームズを展開し、中央部分に兜パーツを装着します。
写真にあるように、上から兜を押してアームズと固定します。

 兜を装着した後、そのまま元の球体に戻すこともできます。
しかし、カチドキアームズはこの状態のまま変身を行います。

AC_katidoki(9)
 素体の肩にある溝目がけてアームズを投下!
アームズを装着した時点で兜が頭部に装着されています。 
写真2枚目の状態から肩アーマー、脚アーマーをそれぞれ展開して変身完了です!

AC_katidoki(10)
 さて、ここからは鎧武カチドキアームズの紹介です。その全体像を正面から。
肩、胸部から脚部まで覆った、非常にボリュームの大きいアームズです。

AC_katidoki(11)
 斜め前後から。
背中には2つの旗を常時装着。
前側に比べて後ろ側はちょっと装甲が薄いですねw

AC_katidoki(12)
 お顔をアップ。
兜が装着されて、その内側にあしらわれたオレンジの果肉がクリアーパーツ越しに見えるのが分かります。
兜のデザインはオレンジアームズと雰囲気は似ていますが、細かな部分は異なっています。

AC_katidoki(13)
 各部のディテールをよく見てみましょう。上半身をアップ。
胸部アーマーには鎧武のシンボルが描かれており、鎧武のためだけに作られた感がありますねw
DJサガラ……一体何者なんだ……。

AC_katidoki(14)
 戦極ドライバーはこのようにアームズと干渉しないよう、うまい具合に隙間が空いています。
この状態だと腰が回転できないのでポーズ付けには工夫が必要そうですね。

AC_katidoki(15)
 旗は写真のように背中アーマーに装着されています。
ピン結合ですから、この状態でもある程度動かして表情を付けてみるのも面白そう。

AC_katidoki(16)
 付属の武器を紹介。写真は「火縄大橙DJ銃」の銃モードです。
火縄銃にターンテーブルを組み合わせた、何とも奇妙な武器ですw
銃弾はスクラッチで装填し、3種類の速さのビートでマシンガン~大砲モードを使い分けます。
ちなみにDJ銃の材質はプラスチックで、変形の心配はなさそうです。

AC_katidoki(17)
 無双セイバー。刃渡り部分に塗装がありませんが、これまで付属してきた無双セイバーと同じです。

AC_katidoki(18)
 「火縄大橙DJ銃」の体剣モード。これに無双セイバーを差し込むことで……、

AC_katidoki(19)
 武器を合体! これまでに無かった大ボリュームの武器が完成します!
真ん中あたりに別の取っ手も用意されていますが、ACの可動では両手で武器を扱うのは難しそうです。

AC_katidoki(20)
 背中の旗を取り外して棒状の武器として扱う事も可能。劇中でも数回使ってましたね。
旗が風になびいてる感じが全く表現されていないのでポーズ付けが上手く決まらないこともしばしばw

AC_katidoki(21)
 最後に可動について簡単に紹介します。
 素体の可動はこれまでと全く同じです。肘は90度ほど曲がり、上腕、手首のロール軸可動あり。
肩アーマーはヒンジとボールジョイントで可動するため、割と自由にポーズが付けられます。

AC_katidoki(22)
 腰はカチドキアームズとの干渉のため動きません。
脚部の可動も基本的には同シリーズのライダーと同じなのですが、アームズとの干渉があって
脚は写真にあるくらいしか開けません。
まあ、重武装が売りのひとつでもあるから、そこまで動かなくても良いよね(ヲイ
 脚アーマー自体もヒンジやボールジョイントによってある程度可動します。
ただ、これを動かして脚部の可動範囲が増えるわけではないので、あまり使わないと思います。


AC_katidoki(23)
 さて、最後は適当にポーズを付けて遊んでみました!
 スクラッチ装填!

AC_katidoki(24)
 銃撃アクション!

AC_katidoki(25)
 両手で持って構えてもかっこいいです!

AC_katidoki(26)
 体剣モードでアクション!

AC_katidoki(27)

AC_katidoki(28)
 分離して二刀流に!
こういう使い方もアリだと思うんですけどね~、多分劇中ではやらないと思いますw

AC_katidoki(29)
 「ユグドラシル……絶対許さねえ!!」 紘太の怒りが武器を究極融合に導く!(ぇ
こんな風に大橙丸との合体も可能。もうめちゃくちゃですw

AC_katidoki(31)
 旗アクション!

AC_katidoki(30)

AC_katidoki(32)
 こんな持ち方もやってみたり……。

AC_katidoki(33)
 アームズ着せ替えも一部試してみました!まずは鎧武カチドキ素体にいろいろ装着してみます。
オレンジアームズを着せてみると……すごく強そうw

AC_katidoki(34)
 鎧武バナナアームズ&マンゴーアームズ。
和風と西洋風でごちゃごちゃですけど、なかなか似合ってると思います。

AC_katidoki(35)
 ドングリアームズ&ジンバーチェリーアームズ。
カチドキ鎧武素体だと、どんなアームズでも強く見えちゃいますねw

AC_katidoki(36)
 逆に、カチドキアームズをいろいろなライダーに試してみました。
鎧武&斬月のカチドキアームズは写真の通り。
頭部のボリュームが無くなってアンバランスになっちゃいましたね……。

AC_katidoki(37)
 バロン&龍玄 カチドキアームズ。
同様に頭部のボリュームがもうちょっと欲しいですねぇ……。
龍玄は前掛けに脚部アーマーという何とも不思議な組み合わせにw

AC_katidoki(38)
 最後にグリドン&黒影のカチドキアームズ。
どんなにアームズが強くなっても、歩兵っぽい印象がw

AC_katidoki(39)

 以上、「アームズチェンジシリーズAC-11 仮面ライダー鎧武 カチドキアームズ」のレビューでした。
 4月上旬発売、ACカチドキアームズの紹介でした。実は私、発売日にこれを買い逃してしまいましたorz
再販までしばらくかかりそうだなぁ……と思いきや、次の週で何故かお店に並んでたので購入!
こういうこともあるんですねぇ……。

 カチドキアームズはスイカアームズに次いで大ボリュームの鎧となっており、
ACシリーズでは御留守になりがちだった脚部にも鎧が下りて重武装感が出ています。カッコいい!
ちなみに、アームズの変形はかなり複雑で、間違いなくシリーズで一番です。
慣れるまで時間がかかると思いますので説明書は無くさずに~。

 また、武器はシリーズにこれまで無かったほど豊富な数が付属し、かなり遊びがいがあります。
武器の合体ギミックや旗を取り外して武器にできるギミックも好印象でした。



return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔