2014/05/29

【レビュー】バンダイ 超変換!! もじバケる8 6種

01-もじバケる第8弾
moji_08(1)
 今回は、バンダイの食玩に登場した「もじバケる8」の6種を紹介します。
漢字から対応する動物に変形する事で有名なもじバケるですが、今回は鷲、猫、鍬、蠍、馬、鯨の6種類。
各バケるごとにカラーバリエーションが3種類、さらにブルークリアー仕様のレアが1種類ずつ存在します。つまり全24種。
今回は各動物を1つずつ買ってきて当たったものをレビューしてみます。

 さて、まずはパッケージを見てみましょう。
こんな風に、色は不明ですがどの動物が入っているかは分かるようになっています。

moji_08(2)
 パッケージの裏側は説明書。
そこまで難しい変形のものはありませんが、不安な人は保管しておきましょう。

moji_08(3)
 先ほども述べたように、今回は写真の6種類。渋い色ばっかり当たってしまいましたw
鷲、鍬、馬は新規。  猫、蠍、鯨は色を変えて再登場。
馬という漢字自体は最初に使われたのですが、今回はリメイクということで一新されています。


moji_08(4)
 さて、まずはワシバケるから紹介です。漢字モードを前後から。
まあ、見ての通り漢字の「鷲」ですね。付属のシールを貼ることで鷲っぽさがさらに増しますw

moji_08(5)
 横から。だいたい厚みは1cmくらい。
漢字の大きさはこれまで登場したバケると同じですので、並べて飾りやすいのが特徴です。

moji_08(6)
 それでは変形させてみましょう。まずはパーツを分解して……、

moji_08(7)
 各パーツを組み立て! 
もじバケる全体の特徴なのですが、動物の頭は内部から引き出し、
羽根や脚のようなパーツは2分割して内部に収納されているジョイントで繋げるような変形が多いですね。

moji_08(8)
 パーツを繋げてひとつに! これで変形完了です!
 ワシバけるの全体像はこんな感じで、「鳥」の下部分が羽根になっているのが印象的です。
鉤づめ、尻尾もちゃんと再現されています。

moji_08(9)
 後ろから見ると殺風景ですが……まあ性質上仕方ないですねw

moji_08(10)
 横から。
なんとなーくですが、鳥の体型も上手く表現されています。

moji_08(11)
 お顔はこんな感じ。何も考えてなさそうなお顔が可愛い!(ぇ
顔とクチバシはそれぞれシールで再現。

moji_08(12)
 ほとんどの結合部はボールジョイントやピン結合なので、結構自由に可動できます。
ジョイントの規格は他のバケると全く同じなので、複数の動物を合体させて遊ぶのも楽しいかもw

moji_08(13)
 ここからは各バケるをさらっと紹介します。
ネコバケるの漢字モードはこんな感じ。
黒の猫が当たりました。プラスチックにラメが入ってちょっとだけ豪華な仕様に。

moji_08(14)
 変形させて動物モードに。その全体像を前から。
体型や尻尾がよく再現されており、確かに一目見て猫と分かりますね。

moji_08(15)
 後ろから。ワシバケると同様、ある程度動かして遊べます。

moji_08(16)
 横から。
胴体のシールは……なんか民族衣装っぽいデザインとなっています。
エジプトの黒猫の女神「バステト」をモチーフにしたらしいです。

moji_08(17)
 お顔はこんな感じ。可愛……くない……。でもこれはこれで好みですw
猫のミミも可動するのがすごい!

moji_08(18)
 続いてクワガタバケるの紹介です。漢字モードはこんな感じ。
サンプル写真同様の金色が当たりました。

moji_08(19)
 その動物モードはこんな感じ。全体像を前から。
昆虫特有の6本脚、ハサミが特徴です。羽根が再現されてないのは残念。

moji_08(20)
 後ろから。

moji_08(21)
 真上から1枚。

moji_08(22)
 お顔……というか眼はこの辺り。
シールで再現されていますが、ちょっと見切れてんよ~。

moji_08(23)
 サソリバケる。漢字モードの写真を1枚。
黒い蠍さんが当たりました。こいつもラメ入りプラスチックですね。

moji_08(24)
 サソリバケるの動物モードの全体像を撮影。
蠍のハサミ、針を持つ尻尾が特徴です。ちなみにハサミは開閉可能。

moji_08(25)
 後ろから。
隠れがちですが、6本の脚もちゃんと再現されているのには感心しました!

moji_08(26)
 一応横からも1枚。

moji_08(27)
 お顔は……何とも凶暴そうな雰囲気を感じますw
シールは用意されていませんが、蠍のキバも一応造形されていますね。

moji_08(28)
 馬バケる。その漢字モードを1枚撮影。
白が当たりました。馬としては一番馴染みがある色ですよね~。

moji_08(29)
 ウマバケるの動物モードの全体像を前から。
初代ウマバケるのシュールさがすっかりなくなって、かなりカッコよく仕上がっています。
馬のたてがみの処理が特に素晴らしい!

moji_08(30)
 後ろから。
漢字の形を上手く使って、脚部の逆関節をよく再現していますね。

moji_08(31)
 横から。
胴体のシールに「鞍」のようなデザインが盛り込まれていますが……これは誰かを乗せたくなりますね。

moji_08(32)
 お顔をアップ。
ものすごく凛々しい表情ですw

moji_08(33)
 最後にクジラバケるの紹介です。その漢字モードはこんな感じ。
こいつも黒でした。私たちがよく想像する鯨の色ですよね。

moji_08(34)
 動物モードを前から撮影。
鯨のヒゲ、各部ひれが再現されています。
大きさは……当たり前ですが他のバケると同じなので、鯨としてはちょっと小さいかなw

moji_08(35)
 後ろから。
上にあるジョイント穴は……潮吹きのための穴にも見えますね。

moji_08(36)
 横から。

moji_08(37)
 お顔をアップで撮影。
ちょっとキリッとしたお顔ですが、カッコいいというよりは可愛らしい印象です。
お口は開閉可能です。



moji_08(38)
 さて、一通り紹介したところで、ここからは自由に遊んでみました。
まずはポーズをつけてワシバケるを1枚!

moji_08(39)
 ネコバケるはポーズの自由度が高くて楽しい!

moji_08(41)
 二脚での自立も可能だったり。お顔のせいもあって、何だか腹立つ……w

moji_08(40)
 あまり可動しなさそうなクジラバケるも、実はよく動きますw

moji_08(42)
 昆虫同士を戦わせてみたり……w

moji_08(44)
 馬バケるに仮面ライダーを乗せてみた!
66アクションシリーズの大きさだとちょうど良い感じ。ぜひ試してみてください!

moji_08(43)
 特に鎧武は戦国武将モチーフなもんで、馬がイメージにぴったりですね!

moji_08(45)

moji_08(46)
 クワガタバケるを鎧として装着してみた。
あれ、意外とかっこいいぞ……?!

moji_08(47)
 肩辺りのパーツを動かして……スピードに特化したフォームに!(脳内設定)

moji_08(48)
 外して剣と盾にすることも可能。いわゆるウェポンフォームですね!
こういう遊び方ができるからもじバケるは止められない……w

moji_08(49)
 第7弾のタカバケるとワシバケるを比較。
似た部分もありますが、結構良く差別化されていて飽きが来ないですね~。

moji_08(50)
 「さあ、私は何型の武装神姫かしら?」 鷹型? 鷲型?

moji_08(51)
 答えは「鷲」型MMSのラプティアス! 
ラプティアスのレビューも用意していますので是非ご覧ください!(露骨な宣伝)

moji_08(52)

以上、「バンダイ 超変換!! もじバケる8 6種」のレビューでした。

return_top

  ↓もしよろしければ押してください。更新の励みになります!
web拍手 ブログランキング

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔